FUJIFILM X-T20 | レビュー どんな人にお勧めか?

 

「FUJIFILM X-T20」にカメラを換えたのでレビュー。
同じ「FUJIFILM Xシリーズ」の「X-T1」からの買い替え。

まず写りとかの前に、FUJIFILMのカメラは見た目がすこぶる良い。
フィルムカメラテイストなデザインなので、被写体としても絵になる。
持ってて楽しいって、大事な要素だと思う。

レビュー

「X-T1」からの買い替えだけど、FUJIFILMのカメラを初めて手にした前提で。
純正のレンズは持ってなくて、オールドレンズしか持っていないので、
オートフォーカスとかのレビューはできません。
今回はカメラのレビューなので、作例は別の機会に。

<Good>
・デザインがよい。
・センサーサイズがAPS-Cだけど、気にならないくらい解像度と写りが良い。
・フィルムの色味を再現してくれるフィルムシミュレーションがとても良い。
・ミラーレスなので軽くてコンパクト。
・電子ファインダーとピントピーク強調機能でピント合わせがしやすい。
・緑色の発色が綺麗。

<Bad>
・グリップが浅いので持ちづらい。
・ファインダーのアイカップが浅すぎてまつげの油で曇るし、
角度によっては眩しくてみづらい。
・バッテリーと同じところに入れるので、SDカードが出し入れしづらい。
・Wi-Fiが異常に遅い。(これは不具合かも…)

 

FUJIFILM X-T20 メタルハンドグリップ MHG-XT10

グリップはオプションのメタルグリップを同時購入。

FUJIFILM X-T20 グリップ

 

FUJIFILM X-T20 メタルハンドグリップ MHG-XT10

グリップが拡大されてだいぶ保持しやすくなる。

FUJIFILM X-T20 ファインダー

ファインダーのアイカップが一番不満。
着脱式ではないので、交換も不可。

FUJIFILM X-T20

バッテリーと同位置のSDカード挿入口

FUJIFILM X-T20 ダイヤル

操作系はダイヤルやボタンが多くはないので、よく使う機能をファンクションボタンに割り振って何とか使いやすくする。

フィルムシミュレーション

FUJIFILM X-T20
FUJIFILMのカメラを使う最大の理由。
実際のフィルムをシミュレートした色味で撮れる。
それぞれに特徴があるけど、彩度やコントラストの具合が絶妙。
一番自分の好みの色が出るのでもう手放せない。

 

FUJIFILM X-T20

新シリーズから追加されたモノクロシミュレーション「Acros」。
均一な粒々を後からのせるのではなく、カメラ内で現像することで
階調に合わせてノイズが乗る感じで素晴らしい質感。

新型のセンサーとチップあってこその機能らしく、
「X-T1」から買い換えたのはこれが理由。

FUJIFILM X Stories 新フィルムシミュレーション “ACROS”

「Xシリーズ」のターゲット

レビューしてみて改めて感じたのは、「X-T20」も含む
「FUJIFILM Xシリーズ」のカメラは操作ボタンや、
色味の出方が独特なので使う人をある程度選ぶカメラだと思う。

・これから初めてカメラを買うとか、
・難しいことを考えずにとにかく綺麗に撮りたいとか、
・運動会で子供を撮りたいとか、
そういう用途にはあまり向かないと思う。

ある程度カメラをやってきて、色味とかにこだわりがある人や、
フィルムやる人のサブ機として、っていうのが合ってる気がする。

ミラーレスなので、単焦点オールドレンズの絞り解放でも電子ファインダーでしっかりピント確認ができるのはとても便利。

最後に

これから本気でカメラを始めたくて、軽くてコンパクトなミラーレス一眼を考えてる人には「Xシリーズ」はとてもお勧め。
特にデジタルカメラでフィルムの質感に近づけたい人には一番近いカメラだと思う。
本当にフィルムの質感が好きなら、フィルムで撮るのが一番ではあるけども。

ひとつ確かなのは、「X-T20」はとても楽しいカメラであるということ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です