DIY

団地で部屋いじり | DIYインテリア Vol.11 PCデスク

iMACを無理やり仮置きしてたので、PCデスクをDIY。

市販のデスクは奥行き60cmが基準らしくて、27インチのiMacだと近すぎる。

なのでSPFの1×10材を3枚使って奥行き70cmのデスクを作ることに。

脚は2×2材でフレームを組むことにして、マットブラックの水性ペンキで塗装。艶消しにすることでアイアンみたいな雰囲気になる。

接合は最初ダボ接ぎで接合しようとして見事に失敗。脚を1セット丸々無駄にしたので、コーススレッドとL字金具に変更。

この接合の仕方でもフレームを組むので強度はそこそこあるはず。実際27インチiMacとプリンタを乗せて3年ほど使用したけど問題なかった。

 

配線がごちゃごちゃ見えないようにしたかったので、背面にひと工夫して配線を隠せるケーブルマネジメントをつけた。

天板

天板はSPFの1×10材を3枚。オイルステインで塗装、蜜蝋ワックスで仕上げ。

3枚の板は裏から補強材で繋いでもいいんだけど、今回はダボで繋いでみた。ここでまたダボ接ぎの難しさを痛感する。ダボ接ぎというか、平たい板と長い棒の断面に垂直に穴を開けることの難しさ。

素直に一枚の集成材を使った方が楽かも。

この経験から、無理に難しい技術を使わずに、持ってる工具の範囲内で確実な方法をとる方針に変更。

販売するわけではないので、多少いびつでも自分が使えればいいと割り切るのがDIYのコツかも。

 

移動を考慮して天板は脚に固定せず、取り外しできるようにした。天板裏面の四隅に余りの2×2材をフレームに合うようダボで固定しただけ。

このデスクで初めて大型家具を自作したので、色々な失敗も含めて良い経験になった。

教訓

・設計9割、組立1割。
・採寸はしつこいくらいで○。
・必ず仮組みを。
・無理に難しい技術を使わない。

もう少し簡単にできるように後日、シンプソン金具を使ったやり方を試してみる。

DIYの手順や工具については以下の記事で詳しく書いてます。

DIY | ハウツー | 初めての人が揃えたい道具7つと基本の手順3つ

DIY | 電動工具 | これからDIYを始めたい人へのオススメ

Before

After

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です